ドア修理・交換

【後悔する前に!】勝手口ドアを交換する時に確認すべきポイント!

勝手口ドアの交換を検討されている方に向けた記事になります。勝手口ドアの調子が悪くなった時や、防犯性が不安になった時、換気機能や断熱効果が気になった時に勝手口ドアの交換を検討されると思われますが、度々交換できる程、お安い買い物ではありません。後々「失敗した!」と後悔されない為にも事前の情報収集は大切です。本日は勝手口ドア交換を検討されている方に”事前に知っていれば良かった”とおもわれる内容について記載しています。参考にして頂ければ幸いです。

<e-業者で見つかる!福岡市早良区の 勝手口ドア修理、交換を行える地元の業者はここから検索>

勝手口ドアの交換をする時に確認するべきポイント

画像

具体的にどの様な点に注意して勝手口ドア交換をすれば良いのでしょうか、詳しく見て行きましょう。

ドア本体のみ交換はできないのか?

ドアの動きが悪くなって勝手口ドアの取替を検討の方は、まず、ドアの本体のみ交換で出来ないか確認されるとよいでしょう。コスト的には一番安価で取替が行える方法となります。もちろん機能や防犯性は現状のドアと同等になりますが、勝手口ドアのリフォーム工事を行わないのでプロに依頼すれば小一時間もあれば作業は済みます。

作業工程

作業工程としては、ドアクローザ等の付属部品を取り外して丁番からドアを外します。新しいドア本体を取付けドアクローザやドアノブ等の金物を取付ければ完了です。

費用

勝手口ドアの本体のみであれば7~9万円程度で取替可能なケースが多いです。

注意点

全ての勝手口ドアが対象とはなりません。比較的新しいドアであれば本体のみの交換も出来ますがドアの取付けから経過年数が10年を超えて来ると本体のみ供給されないケースも出て来ます。詳しくはサッシ業者数社に問い合わせてみましょう。

勝手口ドアの防犯性を改善したい場合

画像

勝手口ドアは防犯性が脆弱な場合も多いです。勝手口ドアの防犯性を高める為には下記の3項目について特に慎重に検討されて下さい。

ダブルロック

例えば玄関の鍵はなどでは、ダブルロックで2重に錠かける事も多いですが、勝手口のドアはシングルロックになっていて内側から1つだけ鍵をかける場合も少ないありません。防犯性を考えれば当然ダブルロックの方が断然侵入されにくくなり安心出来ます。

ディンプルキー

鍵についても最近の勝手口ドアはディンプルキータイプの商品があり防犯を意識される方に人気のオプションとなっています。鍵の仕組みは、鍵穴の中のピンの形状と鍵の形状は合致する事により開錠、施錠出来ますが、この合致がより繊細な構造になっており、通常のシリンダー錠よりも複雑でさらにディンプルキー自体複製するのは極めて困難な造りとなっています。

勝手口ドアをこのディンプルキータイプにすればピッキングによる侵入される事はまず不可能と思われます。

防犯ガラス

錠や鍵について万全の対策を起こったのであれば最後に考える部分はガラスです。実際に泥棒被害で一番多い鍵の開錠方法はガラスを割って開錠する事です。ガラスが簡単に割られては意味がありません。そこで検討に上がるのは防犯ガラスです。勝手口ドアも防犯ガラスに仕様変更する事が可能です。

断熱性能を向上させたい

キッチン04

断熱性能を向上させるうえで最近注目されているのは窓とドアです。問題となるのは熱貫流、窓やドアは開口部分が大きいのでその部分から熱貫流の影響により冷房や暖房の効き目を外に逃がしてしまいます。熱貫流は簡単に説明すると、室内と室外の温度差が生じる季節に発生する現象です。冬季、外の冷たい気温と室内の暖房が効いた暖かい部屋に気温差が発生した場合、外の冷たい外気が窓やドアを通じて室内に通過します。夏季も同様に室外と室内の温度差が生じればキンキンに冷えた室内に真夏の気温が室内に入り冷房の効きを悪くしてしまうという事です。

ドアや窓の断熱性のを上げるという事はこの熱貫流率を下げ、外部の気温に影響されにくい室内の環境をつくる事を意味します。

今回の勝手口ドア交換の場面でも断熱仕様の勝手口ドアを選ぶ事によりそれを実現する事に一歩近づきます。またガラスの選択も大切でガラスはLow-eガラスが断熱性能として最も優れているガラスとして知られています。

勝手口付近はキッチン周りになっている事が一般的なので、この部分の断熱性能向上を行えばお部屋全体の室温にも影響してくると思われます。

換気機能がある上げ下げタイプの勝手口ドアは人気?!

換気の問題は健康面や部屋の湿気、乾燥など住宅の維持環境から考えても非常に大切な問題です。なにより換気が出来ない部屋よりも風通しのよい室内の方が気持ちも晴れやかに清々しい気持ちになります。勝手口ドアには上げ下げ窓が搭載されたドアが現在の主流商品となっており、このドアを選べば勝手口近くの換気の問題は一気に解決します。もちろん防犯の目的が優先されるのであれば換気よりも上げ下げ窓などないフラッシュドアタイプの勝手口が良いかもしれません。この部分も要検討という事でしょう。

まとめ

本日は勝手口ドアの交換をご検討されている方に、”これは押さえておきましょう”とおもえるポイントを解説させて頂きました。ちなにみ勝手口ドアを交換する費用はカバー工事で15万円~20万円が一般的な費用となっています。ご予算もあると思われますので希望するポイントを業者に伝えて見積りをとってみてはいかがでしょうか!