水道修理

トイレつまりを自分で修理する!トイレのつまりは木の根が原因では?

トイレのつまりを自分で修理する時に考えなけらばならないチェックポイントを整理しました。自分自身でトイレのつまりを修理したい方は参考にして頂ければと思います。トイレのつまりは便器内で起こっている事が殆どですが、戸建てのご住宅の場合木の根が原因のトイレつまりと言う物もあります。そこで本日は、トイレつまりの内、あまり注目されない木の根が原因のトイレつまりも含めて自分トイレ修理えをする為の解決記事を書きました。ご興味のある方は読み進めて下さいね。

[PR]福岡市博多区のトイレつまりはe-業者で優良店が探せます[PR]

トイレつまりを自分で修理する。

画像

まずは便器まわりのつまりの原因について押さえておきましょう。トイレの水が流れないつまりの症状は便器で詰まるパターン、便器と配管の継手であるフランジで詰まるパターン排水管で詰まるパターンマスで詰まるパターンがあります。

そもそもトイレはなぜつまるのか?

トイレがつまる原因は色々考えられますが、最も多い原因として、一度に流す紙の量や、掃除の流せるペーパーの量が多い事が挙げられます。

また、生理用品・おむつ、下着、携帯電・玩具などの異物、この様なものがつまりの原因になります。つまりの原因になるのは、便器や排水管の穴の太さよりも大きなサイズの物です。便器内部や排水管を抜けきれずつまってしまうといういイメージですね。生理用品や高齢者用のおむつは水を含むとかなり膨張しますので万が一便器に落とした場合は流さずに拾い上げて下さい。「どうせ流れるだろう」と安易に流すと後々大変な事になる危険性が出て来ます。

つまりやすい箇所は何処なのか?

便器内部はSの字に曲がっていますので曲がっている部分や排水管と便器の繋がっているフランジと言う継手の部分でつまっている事がよくあります。水洗トイレの場合は排水管で詰まる事は少ないです。何故なら便器内部を抜けると排水管では穴の大きさがそれまでよりも太くなるので、たいていの物は流れて行ってしまいます。簡易水洗トイレは逆排水管で詰まる事が多いです。戸建て住宅は外に桝(マス)と言われる排水管の点検口があり、そこが詰まっているイコール排水管のとまりと言う事になります。

そしてこのマスでつまっているケースこそ、後記、木の根が原因のトイレつまりに繋がって行きます。

適切な解消法はどのような物なのか?

トイレのつまりは適切処理すればそれ程大事になる事はありません。一部悪質な業者はオーバーリアクションで大事にして高額な修理代金を請求しますが、基本的に異物がトイレ内に入っていなければ専用の空気圧で詰まりを抜く事ができます。ローポンプスパットと言う器具です。簡易水洗トイレで排水管がつまっている場合は下手の便槽側から高圧洗浄機でつまりを抜く作業となります。強力につまっている場合はワイヤ―の詰まり抜き道具(トーラー)とへいようする事もあります。

高圧洗浄機までの話になってくると一般の方にはハードルが高くなってくるかと思いますので業者に依頼する事も検討するレベルです。

木の根でつまるとはどういう事なのか?

画像

一般的なトイレのつまりはご説明した通りですが、こと戸建て住宅であれば水道業者はまず、排水マスを確認します。便器でつまっているのか、下水でつまっているのかを調査する為です。

排水マスの蓋を開けて以上がないのであればつまりの原因は便器側と言う事になり作業の範囲も絞られます。万が一排水マスが水や汚水で一杯になっていれば下水のつまりなので下水つまりを解消する必要があります。

下水のつまりは、上流側から下流側に見て行きます。現在詰まっているトイレの排水マスよりも下流側のマスをチェックします。そのマスもつまっているのであればさらに下流のマスを点検します。

つまっていないマスまで確認できれば、OKです。

つまっていないマスと1つ上流側のつまっているマスとの間でトラブルになっています。

ここで問題です。基本的には排水管でつまる事はあまりないと解説しました。それは排水管は太いので余程の事が無い限りつまらないからです。排水管自体がズレてしまっている場合などは勾配が取れずにつまる事はありますが、それよりも可能性が高いのが木の根によるつまりです。

コンクリートマスで近くに庭木がある場合はかなり可能性が高まります。

一番最後のつまっているマスにバールの様な物を突っ込んでかき混ぜてみて下さい。木の根がバールに絡まりませんか?もしも木の根が排水管の穴を塞いだ為につまりが発生しているのであれあば木の根を取り除けば万事解決です。

まとめ

本日はトイレつまりの原因や解決方法について記事にしました。よろしければ参考にしてみて下さい