リフォーム内奥

クロス張り替えの費用はどのくらい?プランや工期も解説!

本記事では、壁紙クロスの張り替えにかかる費用についてご説明します。

クロスの張り替えによってお部屋のイメージを大きく変えられるため、リフォームの中でも比較的人気のある施工です。ただ、「クロス張り替えの費用って意外に高そう……」「張り替えが終わるまでの期間はどのくらい?」などの疑問を抱く人も多いでしょう。そこで今回は、クロス張り替えの費用相場や、施工期間の目安についてわかりやすくご説明します。おすすめの施工プランも見ていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

全国のクロス屋さん・内装業者が見つかる検索サイト”e-業者”

クロス張り替えの費用について

1

クロス張り替えを行う業者は多くあり、費用面は業者によって異なります。ただ、費用の内訳は多くの業者で共通しています。そこで、どのように費用が決まるかという点や、費用相場などについてご説明しましょう。

費用が決まる仕組みを解説!

クロス張り替えの費用は、以下の項目によって決まります。

・材料費(クロスの価格)

・工事費

・諸費用

材料費は、クロスのグレードと面積によって決まります。クロスの種類はさまざまあり、最低限の機能がついた低価格なものや、高機能・多機能のものもあります。価格の幅がとても広いため、ある程度グレードを落とすことによって張り替え費用を抑えられます。

工事費は、クロス張り替えの作業にかかる費用です。張り替えの範囲が広い場合は作業量も多くなるため、より費用がかかることになります。また、作業に取り組む人数も大きく影響します。作業員が2人の場合と3人の場合とで、費用が大きく異なるということです。

諸費用は、材料費と工事費に該当しない費用全般が含まれます。具体的な項目はケースによって異なりますが、管理費や手数料、現場における駐車場代などが挙げられます。

張り替え費用の相場はどのくらい?

1

クロス張り替えの費用相場は、1㎡あたり1,0001,400円程度です。クロスの価格には幅があるため、比較的グレードが低いクロスを選ぶ場合は、1㎡あたり800円程度に収まるケースもあります。仮に6帖1部屋の壁と天井をすべて張り替える場合、張り面積はおよそ40㎡になることから、40,000円~60,000円程度が相場になります。

ただ、業者によって料金プランに違いがあります。「お部屋のクロスをまるごと張り替える場合に費用がお得になる」というサービスを提供する業者もあるため、色々な業者のプランに目を向けることをおすすめします。

リフォーム業者に依頼すると費用が高くなるってホント?

クロス張り替えをリフォーム業者に依頼すると、費用が割高にケースは存在します。なぜなら、依頼を受けた業者が下請け業者に施工を任せる場合、元請け業者の利益を確保するという観点で「中間マージン」が発生するからです。この中間マージンは見積もり費用に上乗せされるため、依頼主からすると負担が大きくなります。

中間マージンの発生を回避したい場合、下請け業者を使わない「自社施工」の業者に依頼するという手段があります。ただし、費用を決めるのは業者であるため、自社施工の業者に依頼したとしても、割高な見積もり費用を提示されるケースはあります。また、下請けを使うような業者に依頼した場合でも、コスト削減に向けて努力してくれるケースはあるのです。

そのため、「クロス張り替えの相場と比較して高いか安いか」という視点で業者を選ぶことをおすすめします。もちろん、業者を選ぶ際には費用面だけでなく、実績などにも目を向けることが大切です。

クロス張り替えにかかる期間について

1

1部屋なら1日で終わることも!

クロス張り替えにかかる期間は、どこまでの範囲を張り替えるのかによって左右されます。仮に1部屋のクロスだけを張り替える場合は、1日で作業が完了するケースも多いです。2部屋や3部屋のクロスを張り替える場合は、何日かに分けての作業が必要になります。

壁の劣化が大きいと時間がかかる?

クロス張り替えの作業において、下地補修が発生するケースがあります。下地補修とは、壁の劣化によって凸凹が生じている部分を補修することです。補修をせずにクロスを張り付けようとしても、きちんと接着させることができません。そのため、下地補修は必要なステップです。

ただし、補修作業には一定の時間がかかるため、1部屋のクロスだけを張り替える場合でも、2日以上の日数がかかる可能性があります。

業者に相談すれば期間を短くできるかも!

クロス張り替えに3日以上かかると言われた場合でも、業者に相談することで施工期間を短縮できる可能性があります。一般的には、張り替え作業に取り組む人数を増やして施工期間を短縮することになります。ただし、人数を増やす場合は、張り替え費用自体が高くなる可能性があります。

クロス張り替えで機能性を追求できる?

1

クロスのデザインを変更することで、お部屋の雰囲気を大きく変えることができます。ただ、クロスの種類はデザインだけでなく、機能で分けることもできます。実際に、さまざまな機能が備わったクロスも存在しています。そこで、機能に注目した施工プランを2つご紹介しましょう。

1.防臭・消臭対策プラン

防臭・消臭機能のあるクロスに張り替えるプランです。臭いがこもりがちなトイレのクロスを防臭・消臭機能のあるクロスに張り替えることで、快適な空間をつくることができます。最近のクロスには優れたものが多く、臭いを吸着・分解し、抗菌機能によって清潔な状態を保つようなタイプもあります。そのため、臭いの問題を解決したい場合は検討してみましょう。

ただし、トイレから臭いが漂う原因が、クロスにあるとは限りません。もし床材や配管の問題で臭いが漂っている場合は、クロス張り替えだけでは解決しない可能性があります。

2.アレルギー対策プラン

アレルギー対策機能のあるクロスに張り替えるプランです。まず、住まいの環境が原因の病気に、シックハウス症候群というものがあります。具体的には、家具から発生する化学物質などが原因で、健康問題を引き起こすというものです。

アレルギーのような症状に悩まされるケースもありますが、クロスの張り替えによって対応できる可能性があります。なぜなら、アレルギーの働きを抑制する抗アレルゲンのクロスに張り替えることで、これまでよりもクリーンな環境を実現できるからです。

まとめ

ご紹介したように、クロス張り替えの費用は壁紙の種類や施工面積、作業内容によって決まります。広範囲を張り替える場合は費用も高くなりますが、リーズナブルな壁紙を選ぶことで費用を抑えられます。具体的な料金設定は業者によって異なるため、複数の業者から見積もりを取った上で比較検討するのもおすすめです。

施工期間はケースによって異なりますが、1部屋のみであれば2日程度で完了するのが一般的です。施工期間をより短縮できるケースもあるため、早めに対応してほしいときは一度業者に相談してみましょう。ただし、作業する人数を増やして対応する場合は、見積もり費用にプラスされる可能性が高いです。

また、壁紙クロスの種類はデザイン面だけでなく、機能面を追求することもできます。防臭対策やアレルギー対策もできるため、より幅をもって施工プランを検討してみましょう。