リフォーム内奥

トイレリフォームで後悔しない為に事前に検討しておくべき項目

トイレリフォームを検討中の方に、後々後悔しない為に、計画段階で検討をした方が良い項目についてまとめてみました。トイレのリフォームは、単純に便器とタンクを交換する内容から壁紙や床材、ドアに至るまで全てをやり替える規模までそれぞれの施主により要望は多様です。

ある程度全ての項目について見落としがちなポイントをピックアップしますので、ご自身が考えているトイレリフォームと照らし合わせて確認してみて下さい。

<e-業者で見つかる、福岡市早良区のトイレリフォーム、便器交換、トイレ交換業者はここから地元の業者が検索できます>

トイレリフォームの必要性

トイレリフォーム

そもそも、トイレリフォームで後悔しない為には「本当にそのリフォーム工事は必要なのか?」ここについてしっかり考える必要があります。

特に自分の意志で無い場合は、後々後悔する懸念があります。

例えば、トイレの水漏れ修理を依頼したら業者から「トイレを交換するしか修理出来ない、トイレを修理するのであれば床も壁紙も一緒に替えた方がお得ですよ!」

など、業者から営業をかけられた為のトイレリフォームです。もしかしたら別のトイレ修理業者であればトイレを交換せずとも安価に修理が出来る可能性もあります。

トイレリフォームの必要性についてハッキリと確認しておきましょう。

・便器が古くなったので交換したい

・トイレの壁紙も古く、床も黄ばんできたので全体的にリフォームしたい

・高齢の家族の為に介護用のトイレにリフォームしたい

・最新型のトイレの変更したい

この様にしっかりとした目的がおありの方は次の項目に進んで、トイレリフォームに関して検討するべきチェックポイントを確認しておきましょう。

トイレリフォームで後悔しない為のチェックポイント

1633762644

それでは、見落としがちなトイレリフォームについて項目ごとに説明して行きます。

手洗いの位置

手洗いの位置についてはどの様にお考えでしょうか?例えばトイレタンクに手洗いがある場合は、別に手洗い水洗を取付ける事はありません。

小さなお子さんや高齢の方がいらっしゃる場合は、トイレのタンクの上から出て来る水で手を洗う事が大変な事もありますので、手洗いの位置について検討しましょう。

トイレの自動洗浄機能(オート洗浄)

トイレの自動洗浄機能(オート洗浄)とは、機能をオンにしておくと、トイレに座った人の移動に感知して本人の意思とは無関係にトイレの水を流してしまう機能の事です。

こちらの機能があるトイレは勿論、機能のないトイレに比べて価格は高いです。トイレタンクのレバーを引いてトイレを流すと言う手間が省ける一方で、誤って物を落としてしまった場合や、便検査の時なども勝手に水を流してしまいます。もちろん機能をオフにする事ができますので、忘れずにオフにしておけば自分の意志に反してトイレの水を流してしまう事は回避できます。

コスト高になりますので、検討の余地はあるでしょう。

温水便座の脱臭と乾燥

温水便座(ウォシュレット)の選択をする場合、そのグレードによって、乾燥機能、脱臭機能がついていない商品があります。「普通は乾燥機能って標準装備じゃないの?」とお考えの方もいらっしゃるとは思いますが、「そうではない」とご認識の上、温水便座の機能についても確認しておくとよいでしょう。

トイレの種類(組み合わせ・一体型・タンクレス)

1

トイレリフォームのメインであるトイレの種類について確認しておきましょう。業者の持ってきた便器のプランで進めるのも良いですが、一応、後悔をしない様に自身でも便器の特徴について知っておいても損はありません。

大きく分けてトイレは3タイプに分類されます。

組み合わせ便器・・・便器とタンクが別々に販売されており(とは言え組み合わせるタイプは決まっています。別々に値段がついていて、別々に購入出来るという事です。)さらに便座も選択します。便座は主に普通便座や暖房便座、温水便座(ウォシュレット)から選ぶ事になります。3つのタイプの中では一番リーズナブルな価格になるイメージです。

便座一体型トイレ・・・便器・タンク・便座が一体となったトイレです。組み合わせトイレとは違い全て一体となっていますので個別に選ぶ事はありません。手洗い有りと手洗い無しは選べます。

タンクレストイレ・・・名前の通りタンク部分が無くなったトイレです。温水便座とセットとなっています。タンクが無いのでスッキリ空間が広く感じます。価格は3つのタイプの中で最も高額になる事が普通です。意匠性の高い商品を希望される方に人気です。

この様に、トイレリフォームを行う時には新しく取替える便器や便座をどれにするか選ぶ必要があります。特にデザイン性など拘らない場合は、組み合わせ便器で十分だと思います。

今風のカッコイイトイレを希望されるのであれば、一体型トイレかタンクレストイレを予算と相談しながら選択すると良いでしょう。

後悔しないためにトイレの広さと便器の大きさを確認

画像

現在のトイレが隅付きロータンクや和式トイレから洋式トイレへの変更リフォームの場合は、トイレ内部のサイズ及び新しく導入する便器のサイズを確認する必要があります。さらにリフォーム業者の方にトイレ内のどの位置まで便器が来るのかも確認しましょう。

サイズ感が異なると、トイレに座るのに一苦労という事も。ご注意下さい。

後悔のない床材を選びましょう

トイレの床もリフォーム時に交換する場合は、床材についても確認しておきましょう。主な床材の種類は下記の通りです。

クッションフロア・・・リーズナブルな床材です。予算によっては今の床に上張りするだけでも綺麗にリフォームされた印象になります。

フロアタイル・・・塩化ビニル樹脂の素材で、クッションフロアと比べて耐久性があり傷などにも強い素材です。デザインや色も多様ですのでお好みの物が探せると思います。

フローリング・・・床材としては廊下と統一感を持たせる場合に使用されますが、水に弱いというウィークポイントもあります。新品の時は表面にコーテイングが施されているのでそれ程不具合を感じませんが、古くなってくると変色したり表面がボロボロになる事も。もちろんメンテナンスの仕方にもよりますがあまりお勧めできません。

タイル・・・高級感が演出できます。耐久性・耐水性に優れています。コスト高になりますが、予算のある方は検討の余地ありです。

後悔の無い床材を選ぶのであれば、個人的にはフローリングは外します。価格やデザイン性を考えればお勧めはフロアタイルです。予算が厳しい方ではクッションフロアだけでも十分イメージが変わります。

トイレドアの開き

最後はトイレドアの開きについても確認が必要です。「当たり前でしょう!」と思う事が意外に当たり前でなかったりします。「後からそんな事いわれても困ります!」とリフォーム業者からこの様な言葉を貰わない為にも、トイレドアの開く方向も確認しておきましょう。基本的には廊下側がベターです。トイレ内のスペースが広い時は室内側にドアが開いても良いですが、一般的にトイレのスペースでは室内側にトイレドアが開くとかなり邪魔になります。用を足す時もそうですが掃除の時もかなりやりにくいです。

まとめ

トイレリフォームを後悔しない為に、計画段階で確認しておく事項についてまとめて見ました。大きな金額となる事の多いトイレリフォームです。慎重にご検討下さい。