リフォーム内奥 / 塗装

サイディング外壁のメンテナンスはいつすべき?DIYのやり方も解説!

今回は、サイディング外壁のメンテナンスについて解説します。

外壁は屋外にさらされているため、雨風などの影響を受ける中で劣化してしまいます。したがって、定期的なメンテナンスが大事です。ただし、「メンテナンスの具体的な方法とは?」などの疑問をもつ人も多いでしょう。

本記事では、サイディング外壁のメンテナンス時期や方法について具体的に解説します。DIYにおけるメンテナンス方法や、業者に依頼する場合の費用相場もあわせて解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

外壁工事や外壁リフォーム業者を”サクッと”探すならe-業者

サイディング外壁のメンテナンスは必要?

画像

サイディング外壁の種類はたくさんありますが、基本的にはどの種類も機能が高く、非常に頑丈です。「メンテナンスの必要がないのでは?」と感じる人も多いですが、実際はどうなのでしょうか。具体的にご説明しましょう。

劣化の進行を防ぐために必要!

住宅における外壁はいわゆる外装部分であり、常に屋外にさらされています。雨や風、紫外線などの影響を受けることから、いかに機能が高いと言われるサイディングでも劣化が進んでしまうのです。劣化の進行に対して何もせず放置していると、早い段階で破損などの深刻な症状が出てしまうかもしれません。できるだけ長持ちさせるためにも、定期的なメンテナンスが必要になるのです。

美しい外観を維持するために必要!

サイディング外壁の塗装にも経年劣化があります。具体的な劣化症状としては、色褪せや変色などが挙げられます。劣化の影響で塗装の色が変わってしまうと、建物全体の見栄えが悪くなり、古くてみすぼらしい印象になってしまいます。したがって、美しい外観を維持するという点でも定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスの方法とタイミングについて

画像

1.サイディング塗装

サイディング外壁の塗装は一種のメンテナンスであり、とても効果的です。そもそも塗装には外壁を保護する効果があり、雨・風・紫外線などのダメージから外壁を守っています。塗装の劣化が進むと保護の効果が弱まるため、定期的な塗装工事によって外壁の健全性を保つことが大切です。もちろん、美しい外観を保つという点でも必要なメンテナンスです。

サイディング塗装のタイミングは、もともと使用した塗料の耐用年数によります。たとえば、シリコン塗料で塗装していた場合は10年が目安になります。もちろん、10年程度が経つ前に変色やチョーキング現象などの劣化症状が現れた場合は、その時点で塗装をおすすめします。

2.コーキングの交換

コーキングの交換もメンテンナンスの一種です。サイディング外壁の継ぎ目にあるコーキングは、外壁の弱点をカバーするためのものです。もしコーキングがなかった場合、外壁の継ぎ目などから雨水が浸入するリスクが高くなってしまいます。

また、コーキングにも劣化はあり、何もせずに放置していると、外壁とコーキングの間に隙間ができてしまう可能性や、コーキング自体が剥がれてしまう可能性があります。

一般的にコーキングの寿命は5年~10年と言われているため、定期的に状態をチェックし、交換を検討しましょう。

DIYでメンテナンスできるの?

画像

サイディング外壁のメンテナンスを業者に依頼すると一定の費用がかかるため、「できれば自分でやりたい!」という人も多いでしょう。しかし、全面的な塗装工事やコーキング工事をDIYで行うのは難しいです。専門的な技術が必要であり、一朝一夕にできるものではありません。しかし、自分で手軽にできるメンテナンスもあります。

洗浄ならDIYで取り組める!

サイディング外壁の洗浄であれば、DIYでも取り組めます。洗浄することの効果は、外壁に付着した汚れが落ちることです。汚れが落ちれば清潔でキレイな外壁になるため、美観の向上という点でメリットが大きいです。また、汚れは劣化の原因にもなるため、洗浄することで外壁の健全性を保つことにつながります。

「サイディング外壁を全体的に洗浄するのは難しいのでは?」と感じる人も多いでしょう。確かに雑巾やタワシで掃除するとなると大変ですが、もっと簡単に洗浄できる方法があります。

高圧洗浄機でらくらくメンテナンス!

DIYでのメンテナンスは、高圧洗浄機を使うのがおすすめです。洗浄用のパワフルな機械であり、ジェット噴射のような勢いで頑固な汚れを落とします。外壁にこびりついた汚れもきれいに落とせるため、自分で洗浄する場合にはぜひ使ってみましょう。

また、高圧洗浄機は決して業者用の道具ではなく、一般向けにも広く市販されています。ホームセンターのほか、ネット通販でも10,000円程度で販売されていますので、手軽に入手できるのです。

作業における注意点について

注意すべきことは、高所での作業です。高圧洗浄機だけで外壁全体の汚れを落とそうとする場合、脚立などを使って作業する必要が出てきます。慣れている場合ならまだしも、初めて脚立を使って洗浄をする場合には転倒のリスクも高くなります。万が一転倒した場合は大ケガにつながるため、注意しなければなりません。

メンテナンスを業者に依頼するメリットとは?

画像

さまざまな対応を任せられる!

一般的に、サイディング外壁のメンテナンス業者は多くの作業に対応しています。高圧洗浄はもちろん、外壁塗装やコーキング工事にも対応するケースが多いため、さまざまなメンテナンスをまとめて依頼できる点が大きなメリットです。

また、一般の人がDIYで高圧洗浄する場合、使用する洗剤などの関係で、すべての汚れまで落とせない可能性があります。しかし、プロの業者であれば汚れの種類ごとに適切な洗浄ができるため、隅から隅まできれいになるのです。

安全・迅速な施工が期待できる!

DIYでのメンテナンスは、高所作業をともなう点でリスクがあります。また、慣れない作業になるため、想像以上に時間や労力がかかる可能性もあります。

その点、プロのメンテナンス業者には、技術と経験を活かした迅速な作業が期待できるのです。安全面でも細心の注意を払いながら進めてくれるため、安心して依頼できるでしょう。

業者に依頼する際の費用相場を解説!

画像

業者に依頼する場合の費用相場をメンテナンスごとにご紹介しましょう。

◎外壁塗装

1㎡あたり2,500円~4,000円程度

30坪の住宅の場合は60万円~120万円程度

◎コーキング工事

コーキングを剥がして交換する場合

1mあたり1,000円程度

既存のコーキングを残し、上からコーキングをかぶせる場合

1mあたり500円程度

◎高圧洗浄

20,000円~50,000円程度

まとめ

本記事でご説明した内容を簡単にまとめましょう。

・頑丈と言われるサイディング外壁にも劣化はあり、定期的なメンテナンスが必要。

・メンテナンスの方法には外壁塗装やコーキング工事が挙げられる。

・自分でできるメンテナンスは外壁の洗浄であり、高圧洗浄機を使うのが一般的。

・業者に依頼する場合の費用相場は、高圧洗浄のみの場合で20,000円~50,000円程度。

サイディング外壁の機能は高く、多くの住宅の外壁として採用されています。しかし、経年劣化を放置していると外壁の寿命自体が短くなる可能性もあるため、定期的なメンテナンスをおすすめします。外壁塗装やコーキング工事のほか、高圧洗浄も効果的であり、高圧洗浄機を使う作業ならDIYでもできます。ただし、DIYでできるメンテナンスの範囲は限られるため、業者を使うことも検討してみましょう。また、業者を使う場合はいくつかのメンテンナンスをまとめて依頼したほうがリーズナブルです。