ガラス修理・ガラス交換 / サッシ修理・サッシ交換

窓が閉まらない時の修理方法を箇所別に解説!

窓が閉まらなくなってお困りの方に向けた記事になります。窓が閉まらないと防犯的にも大変不安ですね。一刻も早く修理をしたいと思っても直ぐに業者が来てくれなかったり予算的に自分で修理できないか検討される方もいらっしゃると思います。

本日は、窓が閉まらなくなる原因と自分で解決するための修理方法。業者を呼んだ時の修理代金の目安について解説して行きたいと思います。

<e-業者で見つかる!福岡市南区の サッシ屋(サッシ修理、戸車交換、網戸新調)地元の業者はここから検索できます>

窓が閉まらなくなる原因トップ5

画像

専門業者であれば「すみません。窓が閉まらなくなったのですが修理してもらえますか?」この様な問い合わせが入った時に窓が閉まらなくなる原因は概ね察しがつきます。まずはどの様な原因で窓が閉まらなくなるのか考えて行きたいと思います。

クレセント錠の不具合

窓が閉まらない、施錠出来ない場合はクレセント錠に原因があります。最も故障が多いのは回転しないのでクレセント錠の受けに掛からないというトラブルです。

クレセント錠をペンチなどで無理やり閉めようとするとポキンと折れてしまう事もあり強引に閉めようとするのは禁物です。この様な状態になる主な原因は経年劣化や長年放置していた事での固着などが考えられます。

サッシ戸車の故障

戸車とは窓サッシの下部に取り付けられている車輪の事です。窓はこの車輪(戸車)がコロコロと回転する事でスムーズに可動します。窓を開け閉めする度に戸車は動いています。その為プラスティック素材の物など破損してしまいサッシを動かそうにも重くて窓が動かなくなる事があります。

窓枠の不具合

窓枠の不具合により窓が閉まらなくなる事もあります。例えば窓の上枠が窓サッシに干渉していまい動かなくなるトラブルは戸建て住宅では度々見かけるトラブルの症状です。特に窓の開口が広くとられている住宅に良く起こります。窓の開口が広くとられているケースでは上部開口中心部分は支えもなく一番重力に引っ張られ弛みが発生するからです。

サッシレールに異物が挟まっている

サッシレールに玩具やピン止め、ゴミ、埃が挟まる事で窓が閉まらなくなる事があります。無くなったアレがこんな所にあった!と窓が閉まらなくなったおかげで見つかるかもしれません。見える所に異物を発見できれば良いのですがサッシ本体の戸車奥に異物が挟まると一見しては分からないので厄介です。

閉まらなくなった窓を自分で直す方法と業者に依頼した時の料金

画像

窓が閉まらなくなる主な原因は述べた通りです。さて、それではそれぞれの症状について修理方法をご説明して行きます。自分で修理を検討されている方は参考にしてみて下さい。また自分で修理が出来そうも無い時は無理をせず専門業者に任せる方が安心できます。業者に依頼した時の目安となる料金についても掲載します。

クレセント錠の不具合を修理する

クレセント錠はDIYで交換可能です。ホームセンターやネットショッピングで現在のクレセント錠に適合した商品を探しましょう。現在使用している物と全く同じでなくても、万能タイプと言ってある程度の形状、寸法に対応した商品があります。この様な商品には取替説明書も同封されていますので説明書をしっかり確認して取替すれば修理する事が出来ます。

【業者に修理を依頼した時の費用】

部品代別で6,000円~12,000円が相場です。

サッシ戸車の故障を修理する

サッシの戸車を行うには窓を一度外して修理しなくてはなりません。窓には簡単に外れない様に仕掛けがあります。

”外れ止め”と言う仕掛けですが、この外れ止めを解除しなくては窓をレールから外す事が出来ません。旧品サッシでは外れ止めが取付けられていないケースやそもそも解除されているケースなどあります。この様な場合は窓を取り外す事は難しくありませんので窓を外して戸車をチェックしてみて下さい。戸車には汎用品戸車と純正戸車があり、汎用品戸車はある程度のサッシに適合できる様に設計されています。自分で交換する場合は汎用品の方が取替は簡単ですが使用感や寿命は純正品には及びません。

【業者に修理を依頼した時の費用】

部品代別で8,000円~20,000円が相場です。

窓枠の不具合を修理する

窓枠の修理は素人の方には少し難しいかもしれません。プロが行う方法としてはサッシ加工が挙げられます。もちろん窓をそっくりそのまま交換すると言う方法もありますが予算的に修理をしたい場合はサッシを短くする加工を行い不具合を解消します。

【業者に修理を依頼した時の費用】

作業費で20,000円~40,000円が相場です。

サッシレールに異物が挟まっている 時の修理方法

窓が閉まらない時にサッシのまわりを注意深くみると何か挟まっている事があります。基本的に挟まっている異物を取り除けば修理完了です。見えない所にも異物がある可能性もありますのでその時は窓を外さなくてはなりません。この場合、戸車交換の時にご説明した様に”外れ止め”の問題も考えなくてはなりません。新しいサッシは殆どと言って良いほど外れ止めがあります。サッシの上部側面、サッシレールに外れ止めが取付けられている事が最も多いです。経験上80%はサッシ上部側面は上部のサッシレールに外れ止めがあります。外れ止めを解除する説明書きが窓の上部にシールで貼られている事もありますので注意深く見て見ましょう。窓が外れない場合は専門業者にお願いしなければなりません。窓を外して異物を取り除くだけであればそれ程コストもかからないです。

【業者に修理を依頼した時の費用】

作業費で6,000円~12,000円が相場です。

まとめ

本日は窓が閉まらない時に考えられる原因と修理方法を解説しました。ご自分で修理される時に安全面に十分配慮の上無理をされない様にチャレンジしてみて下さい!